若年層に健康講和実施

8月3日、今年度30歳、35歳になる職員20人を対象に、3班に分かれてデータヘルス計画に基づく健康講和を実施しました。 農協健保保険組合が今年度より取り組む事業の事業の一つで、健康に働くために体調の自己管理を心がける意識付けや、生活習慣病について理解し、予防するのが目的です。 JA紀州では、健保組合が実施する生活習慣病健診や自組合で実施する定期健診、ストレスチェックを通し、職員の健康管理に努めています。 IMG_9392


カテゴリー

copyright 2014 JA kisyuu All Rights Reserved.