生産者紹介

紀州の農業を支えていただいている生産者の皆さまをご紹介いたします。

【ミニトマト】印南町 村上 実(むらかみ みのる)さん

  • 村上実さん
  • ミニトマト優糖星

「愛され続けるミニトマト作りを目指して!」
就農し35年。ミニトマト『優糖星』16a、『王糖姫』8a、水稲50aを奥さんと2人で栽培しています。

こだわり

こだわりの「優糖星」作り

 糖度8度以上のミニトマト『優糖星』は商標登録を取得して今年で10年目となりました。市場評価も年々高くなっています。

 実さんの圃場では10月から優糖星の収穫作業が始まりました。栽培期間中は樹の状態をよく観察し、草勢を安定させるため、潅水には特に注意しているとのことです。栽培について、「手入れをした分、良いものができる。しかし毎回理想通りの味になるかは分からない。ミニトマト作りは奥が深い」と話します。出荷は翌年6月まで続きますが、その間品質・出荷量が大きく偏らないように、安定栽培に心掛けているそうです。

 

部員一丸となって高品質・安定生産に取り組む

 みなべいなみミニトマト部会 優糖星部には部員49名が所属しています。7班に分かれ、月に1度園地周りを行って全生産者の圃場の生育状況等を確認しています。また班長が問題点を持ち寄って話し合い、様々な情報を部員間で共有することで、栽培技術の向上に繋がっていると言います。実さんは「園地周り等を行うことで、部員相互に管理を徹底し、良いものを作っていくことができる」と話し、近年は部全体で栽培技術が向上しており、安定した品質で出荷できているとのことです。

 

「優糖星」のこれから

 現在、優糖星部の部長を務める実さん。「高糖度ミニトマトを作り始めた先輩方の努力があって、ここまで大きくなった。近年は生産者の高齢化もあるので、若手生産者が少しずつでも増えてくれたら」と願うなか、「これからも高品質なミニトマト作りを維持していきたい。しかし現状に満足するだけでなく、新しい情報を取り入れながら、部員一丸となって一歩ずつ前進していきたい」と力強く話してくれました。

                               (2014年12月)

農産物



組合員情報

直売所紹介

直売所紹介

新鮮なJA紀州特産品は直売所で

今月のプレゼント

きぬさや

【12月】キヌサヤエンドウ1kgプレゼント!

応募はこちら

JA紀州 公式Facebookページ

今月のAコープチラシ

さわやか日高創業祭 16-19

pdfにてご覧いただけます。
詳しくはこちら

広報誌

JA-Kisyu44

pdfにてご覧いただけます。

皆様からの声

JA紀州 紀州みなべの南高梅 楽天市場店

梅部会

copyright 2014 JA kisyuu All Rights Reserved.