生産者紹介

紀州の農業を支えていただいている生産者の皆さまをご紹介いたします。

【花き類】名田町 斎藤 喜也(さいとう のぶや)さん

  • 農語りhp
  • 農語り花hp

「農業は魅力ある職業!
喜んでもらえる作物づくりに努める!」
20才で就農。スターチス80a、ヒマワリ7aなど花き類を中心に、夏場は小玉スイカ、メロンを栽培しています。

こだわり

立派なヒマワリを育てたい!

 ヒマワリは「東北八重」という品種を栽培しています。5月に播種したヒマワリは背丈が伸び、8月のお盆から末頃かけ、採花を予定しています。採花までの間は、適度な潅水を行い、また病害虫の発生等に注意しています。「夏の風物詩ともいえるヒマワリ。見ているだけで元気をもらえる花です。立派に咲くと嬉しいです」と笑顔で話します。

 

農業は魅力ある産業!

子ども達に、農業の素晴らしさを伝えたい!

 JA青年部 名田・塩谷支部に所属する喜也さん。青年部活動の中で、地域小学校の野菜作りの指導に取り組んでいます。喜也さんは子ども達と関わる中で、次世代を担う子ども達が、「農業をしたい」と思えるような産地作りが重要だと感じたといいます。全国一の生産量を誇るスターチスをはじめ、多くの花々を生産している活気あふれる地域であることを子ども達に知ってもらい、「農業は素晴らしい職業だと感じてほしい」と話します。

 

花の消費拡大のために!

 喜也さんは、青年部同支部の若手花農家で結成する『フラワーボーイズ』のメンバーでもあります。“花を使って愛を語り、よりよい社会をつくる”ことを目標に掲げ、『母の日参り』など、特産のスターチスの使用を中心とした花の消費拡大活動を展開しています。

 同年代の仲間たちと話していると、色んな意見が出て、お互いに切磋琢磨できるといいます。

 

これからの抱負

 今年、青年農業士として認定され、日々農業の勉強をしている喜也さん。(青年農業士…地域農業を牽引するリーダーとして、県知事が認定)「今の時期(7、8月)は、ヒマワリとメロンの栽培が中心です。見てくれる人が笑顔になれる花づくり、食べてくれる人が喜んでくれメロンづくりに努めたい」と向上心いっぱいです。さらに、ゆくゆくはメロン部会を立ち上げたいと意気込んでいます。最後に、「部屋に花を飾ったり、日常的に花を贈ったりするような、花を習慣的に使う社会になるよう、青年部、花農家全体で考えていきたい」と力強く話してくれました。

                                    (2015年8月)

 



組合員情報

直売所紹介

直売所紹介

新鮮なJA紀州特産品は直売所で

今月のプレゼント

きぬさや

【12月】キヌサヤエンドウ1kgプレゼント!

応募はこちら

JA紀州 公式Facebookページ

今月のAコープチラシ

さわやか日高創業祭 16-19

pdfにてご覧いただけます。
詳しくはこちら

広報誌

JA-Kisyu44

pdfにてご覧いただけます。

皆様からの声

JA紀州 紀州みなべの南高梅 楽天市場店

梅部会

copyright 2014 JA kisyuu All Rights Reserved.